ジスロマックやニューキノロン系の性病治療薬

性病に感染した場合は、感染した細菌を殺菌する必要があります。感染の原因となっている細菌を殺菌することによって、性病感染で発生した様々な症状を改善させることが可能となります。殺菌手段としては、抗生物質による治療が一般的で、その際に用いられる抗生物質には、ニューキノロン系やアジスロマイシン水和物を主な成分として作られているジスロマックという物が代表的な治療薬として知られています。その他にも性病治療に効果がある抗生物質がありますが、抗生物質によっては殺菌することが可能な菌が同じである場合と異なる場合があります。しかし、その中でもニューキノロン系やジスロマックは、比較的に多くの種類に効果があり、副作用も少ないとされているため、治療薬として用いられることが多い抗生物質です。ニューキノロン系とジスロマック等の効果範囲が広い抗生物質の特長には、共通している所があり、それは組織への吸収性が高いところです。殺菌のために抗生物質を服用したとしても、吸収性が低いために細菌まで薬の効果が届かなければ殺菌することができません。そのため、この組織への吸収性という部分は非常に重要となります。また、ニューキノロン系とジスロマックが使用されやすい理由には、組織へ吸収性が非常に良く、強力であるにも関わらず、副作用が少ないという面があるからです。やはり、強力である場合は副作用が心配されますので、医者にとっても服用者にとっても取扱いやすい抗生物質です。また、幅広く効果があるために、目的としている細菌以外の細菌も殺菌してしまうという面があります。そのため、実は知らない間に別の細菌にも感染していたという場合等も、対応している細菌であれば一緒に殺菌してくれます。